2020-10-25

FamousDoor Ver.1

最後に ぼくにとっては最後に これを聴かせていただいた。 "My Favorite Things"
ありがとう! FamousDoor Ver.1!!
BGM : "Selflessness Featuring my Favorite Things" / John Coltranelessness Featuring My Favorite Things

Selflessness Featuring My Favorite Things

Selflessness Featuring My Favorite Things

FamousDoor Ver.1

リクエストしてしまいました。最後の我儘をお赦しくださいませ…。
ドルフィーが最後に語った言葉が忘れられずに…。 
”When you hear music.after it's over it's gone in the air.You can never capture it again"
BGM : "Last Date" / Eric Dolphy

FamousDoor Ver.1

JAZZ聴きに来ました。記憶に留めておこうと店内を撮しておきましょう。 

今日は チャーリーパーカーです。そして Art Taylorの "Taylor's Wailers"です。これに コルトレーンが参加しているんですね。驚きです。


JAZZ研…

朝から緊張感ある過激なJAZZを聴いています。今日もお昼過ぎに JAZZ聴きに FamousDoorにお邪魔するつもりです。あの場所にあるFamousDoorに行くのは たぶん!? 今日が最後です。思えば 同窓会で学友が「JAZZ喫茶をやっている」と聞いたのが 10年前のことでした。以来 日曜日毎に 平日には友人と一緒に また学友と集う会も催していただいたり 店主の河田さんにはご迷惑をおかけしました。そして ぼく好みのJAZZを聴かせていただいたことに感謝です。

今日の「JAZZ研…」

FamousDoor Ver.1(第一期)の最後に 何を聴かせていただけるのか!? とっても楽しみにして行くつもりです。





にちようび さんぽ…

春夏秋冬 いつも風を受けながら散歩するんですが 今朝の風がとっても冷たく感じました。これから そんな朝になってしまうんでしょうね!? この秋のコスモスも冷たい風に揺れていました。

2020-10-24

MUZIK研…

陽が落ちる時間がきました。今日は まろやかな陽射しが部屋を暖かくしてくれています。JAZZから離れて のんびりまったり音楽時間です。世界的に名をはせている現代音楽の作曲家である武満徹の作品です。唄は 井上陽水の奥さま:石川セリです。
BGM : "翼" / 石川セリ

JAZZ研…

"コルトレーン"がサイドマンとして参加した JAZZを聴いてみよう!"企画です。

前回のディジーガレスピーのグループでともに活躍した経歴がある二人の 1956年の作品です。
Milt Jackson (vib)  John Coltrane (ts)  Paul Chambers (b)  Connie Kay (d)  Hank Jones (p)
BGM : "Bags & Trane" /  Milt Jackson John Coltrane

どようび さんぽ…

ひんやりとした風を感じながらの散歩でした。まだ厚着をする時季ではありませんが 来週の土曜日はもう10月の晦日です。
閑話休題。お葬式は 3回は続くそうです。訃報がまたも届いた。



JAZZ研…

 "コルトレーン"がサイドマンとして参加した JAZZを聴いてみよう!"企画です。

今回は Dizzy Gillespieのグループ:Dizzy Gillespie Sextetに参加している 1951年の作品です。
これ なかなか聴けます。
Dizzy Gillespie (tp)  John Coltrane (ts)  Milt Jackson (vib)  Billy Taylor (p)  Percey Heath (b)  Art Blakey (d)
BGM : "Dizzy Gillespie Live at Birdland 1951" / Dizzy Gillespie Sextet

2020-10-18

JAZZ研…

 "コルトレーン"がサイドマンとして参加した JAZZを聴いてみよう!"企画です。

今回は FamousDoorの店主:河田さんから教えていただきました。Johnny Griffinの作品にコルトレーンが参加しています。

演奏者も ジョニーグリフィン ジョンコルトレーン ハンクモンブレー ウィントンケリー リーモーガン ポールチェンバース アートブレイキーと豪華です。コルトレーンが BLUE NOTEのレコードに登場するのも稀有なことじゃいかな…。

BGM : "A Blowing Session" / Johnny Griffin

今日は この他に ウィントンケリーのピアノも聴かせていただいた。

BGM : "KELLY BLUE" / Wynton Kelly


JAZZ研…


JAZZ聴きに来ています。昨日の酔っ払い自慢をしたあと Y君から渡されたものは 高校の先輩からいただいた手紙でした。我々が在学中にいただいたものらしく あて先は高校の住所 あて名は我々個人名で届いています。50年以上前のこと こんなんで届くのだ!? 

久しぶりの歓談会でした…

昨日は 冷たい雨が降り続き寒い一日でしたが FamousDoorが入っているビルが取り壊されることにより 今月でお店を閉じられるのだそうです。毎週 日曜日に "JAZZ研…"と称してJAZZ聴きにお邪魔していたものにとっては残念なことですが 自宅で12月にも再開されることを聞いて 嬉しくなりました。また 長い間 闘病されていた学友も全快し 明るい笑顔が見られたこともとても嬉しいことでした。このふたつを話題に 楽しく語り合う外の寒さとは違い暖かい会にお招きいただいて感謝です。NKさん MKさん YYさん ありがとうございました。

2020-10-17

どようび さんぽ…

冷たい雨の朝になってしまいました。ほんの少しだけ お出かけしました。夏の終わりの昼顔がありました。今日は凄く寒くなるそうですね。秋を飛び超えて冬の始まりなのかな…。



2020-10-11

JAZZ研…



"The Avant-Garde"のリンクを忘れてしまいました。モンクの曲…。

BGM : "Bemsha Swing" / John Coltrane & Don Cherry

JAZZ研…

"コルトレーン"がサイドマンとして参加した JAZZを聴いてみよう!"企画です。

思わぬところで マイルスディビスと対面してしまうことになり困惑しています。いや! この企画をすすめていくにあたって 避けて通れぬ道のりだとおもっています。そこをあえて迂回しながら 気持ちも新たにこの企画を…。

"The Avant-Garde"は ふたりの共同名義となっていますが 内容的はドンチェリーのアルバムと云えます。内容も オーネットコールマンの曲が3曲。ドンチェリーの曲が1曲。モンクの曲も1曲の構成。1960年の作品なんですが 発売は1966年。またこの年は 「至上の愛」が発表された年でもある。

BGM : "The Avant-Garde" / John Coltrane & Don Cherry